最近の朝食

気づいたら一人暮らしを始めて1年が経っていました。なんということでしょう~!
時が経つのは本当に早いですね!
一人の生活にはすっかり慣れましたが、元々面倒くさがりな性格なので色んな所で手を抜くようになってきましたw
その一例が食事。

最近の朝食はこんな感じです↓

玄米ご飯+黒ごま塩、具だくさん味噌汁、ぬか漬け、きのこの塩麹和え、納豆、以上!

ちなみにこちらは頑張っていた頃の朝食 ⇒ 私の朝ごはん

基本は変わっていないのですが、おかず2品と鶏肉が減りました。
これにより料理をする回数も大分減りまして、以前はおかずを週に3、4品作り置きしていたのですが、今は1品作るか作らないかというレベル。。
たまに気が向いたら、ししゃもとかアジの開きを焼いて食べますが、週に1回あるかないか。

味噌汁は週に2回、きのこの塩麹和えは週に1回作るのは変わらないのですが、おかずを作る回数が減ったことでめちゃめちゃラクになりました。なんかもう本当に全然頑張ってない感じ。

毎日ほぼ同じ内容の朝食で飽きないの?と聞かれてしまいそうですが、これが全然飽きなくて毎日美味しく食べています。
自分がグルメな人じゃなくて本当に良かった!(笑)

一応、全部無添加・無化学調味料で健康的♪
お肉は外食する時に食べることが多いし、その時食べれば良いか!という感じで、家ではほとんど食べなくなりました。

そんなこんなでかなり適当になってきていますが、まぁ一人だし、家ではそんなに色々食べなくてもいいや!と開き直って、食事に関してはラク~な感じになりました^^

引き寄せの法則 恋愛編 その2

前回の続きです。
こちら前回 ⇒ 引き寄せの法則 恋愛編 その1

もうこの先はないだろうなぁ~と思ってラインを送ったら、向こうから久々に「今度の金曜日は早く帰れるので、ご飯に行きませんか?」とお誘いのお返事が来ました!

前回会った時の困惑したムードは文面にはなくてどちらかというとポジティブな感じだったし、それまでは私の方から誘うばかりだったのでかなりビックリ!

私としては諦めようと心の整理がついているところだったので、逆に困惑しました。。。
でもせっかく誘ってくれたので、気持ちを切り替えてまた会うことにw

で、約束の日。
特に前回の時のような雰囲気はなく、今まで通り楽しくおしゃべりしながら食事をしていました。
そうしたら、向こうから「この前の話しの続きなんですけど・・・」と話しを振ってきました。

そういう話しになるだろうなと思っていたけど、いざ本題に入るとなると心臓バクバクw

それから考えてたことを色々話してくれたのですが、簡単にまとめると、

・2人の関係について何も考えてなかったけど、あれから考えるようになった
・結婚とかまだ考えてないから、私の年齢を考えると付き合って良いのかなと思ってしまう
・自分のペースは崩せないから、結婚とか迫られても無理

とのこと。

前に「子供欲しいー」とか言っちゃったから、そういうのも考えるとより重たかったかもしれません。。

とにかく、「結婚前提とか絶対無理だし、付き合って別れることになっても時間は取り戻せないけど、それでも良ければ・・・」という感じで聞かれたので、「よろしくお願いします!」と答えて、結局お付き合いすることにw

まぁなんかちょっとスッキリしない感はあったけど、彼なりに真剣に考えてくれてのことだったので、これはこれで良いかなと思いました。何事も始めてみなければ分からないですし。

で、それが今から3ヶ月前の話しでしてw、今のところ順調です!

私が年上だからということで彼はずっと敬語でしたがそれもなくなり、年齢差もあまり気にせずお付き合いできてるかな~という感じです。

この先はまだどうなるか分かりませんが、とりあえず今一緒の時間を過ごせることを楽しむことに尽きるかなと思っています。

というわけで、けっこう不利な状況からなんとか繋ぎとめました。
これも引き寄せの法則が働いたのでしょうか??謎ですw

引き寄せの法則 恋愛編 その1

以前、引き寄せの法則の実践を始めてから2ヶ月後に、10年以上音沙汰のなかった方から突然「紹介したい人がいます!」と連絡が入ったという話しを書きました。

詳しくはコチラ⇒「引き寄せの法則!? 最近起こったこと

今回はその後のお話し。

紹介してくれた方を含め3人で会った後は、2人でデートをするようになりました。

私としてはすごく楽しかったし、向こうも楽しんでいるように見えたのですが、すぐさま問題発生!

なんと、私がバツイチであること、そして年上であることが相手に伝わっていませんでした・・・。

紹介してもらう時に、お相手の方が4歳も若かったので、「私36なんですけど、大丈夫ですか?しかもバツイチです・・・。そういうマイナス面を先に確認しておいてもらった方がいいかもしれません!」

と話したのですが、紹介してくれた方は何も伝えていなかったようです。

なので、ある時話しの流れで「バツイチってこと聞いてるよね?」「私、36って知ってるでしょ?」と聞いてみたら、突然のカミングアウトにすごいショックを受けてました・・・(汗)

でもその後も会ってくれたので、その点は受け入れてもらえたのかな?と安心していました。

で、5回目に会った時に、そろそろ私たちのことをどう思っているのか聞いてみようと思い、恐る恐る「あのー、私たちの関係はどうなんでしょうか?」と単刀直入に聞いてみたところ、彼が急にすごい悩み始めたのでビックリ!

そして、

・そもそも年上と付き合ったことないし、年上と付き合うのとかどうなんだろう・・・
・今すぐ付き合いましょうとか軽く言えない・・・
・最初から年齢を知っていたら2回以上会ってないかも・・・
・2人の関係について何も考えてなかった・・・

というようなことを言われました・・・(ToT)涙

年齢の壁、高すぎる!!!(笑)

その上、彼が「誰か紹介してください」的なことを今回紹介してくれた方に頼んだのかと思っていたらそうではなくて、紹介してくれた方が何となく「この2人合いそう!」と思って取り持ってくれたということが判明!

だから彼としては別に彼女が欲しかったわけではないし、特に探してもいなかったらしい・・・w

で、まぁ色々言われて、ちょっと期待していた分私はかなりショックだったのですが、とりあえず自分の気持ちだけは伝えておこうと思い、「一緒にいて楽しいから、お付き合いできたら嬉しいと思うけど・・・」と言っておきました。

で、その日はとりあえず保留。

まぁダメならしょうがない!と思って明るく家路に着いたのですが、次の日になったら急に悲しくなって思わず涙がポロリ。。。6年ぶりの恋愛だったし、引き寄せの法則が働いたんだ~!と浮かれていたのでやっぱりショックが大きかったです。

悲しいモードからなかなか立ち直れなかったので、何人かのお友達にメールで慰めてもらってようやく吹っ切れモードに!

「数か月間、良い夢見させてもらったぜ~♪」なんて思いながら、とりあえず一つ約束していたことをキャンセルするために彼にラインを送ったら、意外なお返事が返ってきました。

と、ちょっと長くなったので、その2に続く。。。