なんでもオッケーの境地へ

私はこだわりとか思い込みが強いことが多かったのですが、最近は大分ゆるくなってきたように思います。

例えば一人暮らしをしていた時は健康的な食事にものすごくこだわりを持っていて、毎日玄米や全粒粉パン中心で添加物は一切取らないようにしていたり、ジャンクフードは食べないようにしていたりしました。

自慢のぬか漬け(有機栽培されたお米のぬかと高級天然塩で作ったぬか床で漬けたもの)も、「植物性乳酸菌が豊富な手作りぬか漬けを毎日食べている私は健康そのもの!私すごい!」と普通に思っていましたし

でも今は2人暮らしになったこともあって、すっかり様変わり!

色んなこだわりも大分撤廃され、好きなものを好きなだけ食べています。

ちなみに自慢のぬか漬けは、旦那さんがぬか漬け嫌いで自分1人が食べるために作業するのが面倒になったので、あっさり処分

これにはぬか漬け仲間だった友達にもビックリ&笑われました…(^_^;)

健康食に執着していた時は、より良い食生活が送れてる!という自負がありましたし、実際に体調が良かったし、やってみたかったことなのであの経験はとっても貴重だったように思いますが、それと同時に自分のルールが侵された時に感じる罪悪感やストレスもとても大きかったように思います。

実家に帰ったら朝食に白い食パンが出てきて、「うわっ!体に悪そう」とかっていちいち反応してしまうんですよね白米が出てきた時も同じように感じていたような

今思うと、そう思ってしまうこと自体がなんとも体に悪そう(;´д)

ということで、極端過ぎるのは良くないなぁ〜と最近では思っています。

そしてそれは食事に限らず、何にでも当てはまるかなぁと。

自分の基準で「あれもダメ、これもダメ」と考えたり、「こうでなきゃイヤ!」という思いが強いとそれが逆に自分を苦しめることになるんだなと分かったので、思い通りでない時は、「まぁ、そんなこともあるか〜。まぁ、いっか〜」とゆる〜く考えるようにしたり、そこにフォーカスしないように心がけています。

その方が自分の心が絶対平和❤︎

こだわりを持つのも良し!持たないのも良し!

その時々で自分の好きなようにやるのが一番ですね(^^)

今は「何事もなんでもオッケー!」が最強だなと思っています。

嫌な現実が起きた時の対処法

昨年の1年間は2人暮らしをする中で本当に色々な葛藤があり、今まで以上に引き寄せの法則系の本やら、スピリチュアル系の動画を見たりしていました。
 
そんな中で日々心穏やかに過ごすには、「何が起こってもいちいち反応しない」、「何でもオッケー!と全てを受け入れることが最強!」と思うようになったのですが、まぁいきなりそのようにはなれず、練習練習の毎日だったように思います。
 
で、それはまだまだ継続中なのですが、以前よりは自分の心を上手くコントロールできるようになってきたかなぁ〜という実感も出てきたので、少しは前進できているかな?という感じです。
 
というわけで、何か嫌なことが起こった時にどうしているかを紹介したいと思います。
 
その1 「この世の仕組みを思い出す」
今目の前にある現実は、過去に自分が出した波動(感情)が現れているので、それにいちいち反応しても意味がないどころか未来にまた嫌なことを引き寄せてしまう。よって、どんなに嫌なことが起こっても一旦現実は無視する。
この仕組みを思い出して、なんとか嫌な現実からフォーカスをそらす。
 
その2 「モヤモヤの感情を手放す」
インドに住むAkikoさんというスピリチュアル系の方の動画で紹介されていた方法です。
モヤモヤした感情が出てきたら、頭の中で電球をイメージしてその電球をモヤモヤした感情と共に外してポイっと捨てる。そして新しい綺麗な電球を付け直してリラックスする。
 
その3 「味わい愛でる」
嫌な現実は一旦無視して、良い面を思い出す。そしてただひたすら感謝する。
その対象の良い面をその瞬間考えられないなら、全く別のこと(例えば住む家があることとか、毎日ご飯が食べられることとか、健康であることなど)に焦点を当てて感謝する。
 
その4 「自問する」
私は今何を考えてる?それはどんな気持ちがする?と自問して、その答えを客観視する。
出てくるイライラやモヤモヤの感情を押さえ込まずに、私は今こんな風に感じているんだな〜と遠くから見つめることでイライラやモヤモヤと同調しないようにする。
 
上記のどれか一つを試してみたり、いくつかを組み合わせてみたりして、なんとか嫌な現実にいちいち反応しないように心がけるようにしています。
 
でもどうしても上手くいかない時は、とりあえず寝ちゃう!それが1番手っ取り早いかもしれません。。笑
 
この練習を続けて、良い気分の時間を出来るだけ増やしていけたら本当に無敵だと思います。ちょっとずつ出来るようになってきたので、このまま続けていきたいと思います。

望みは手放すと叶う

年末なので今年を振り返る機会が多いですが、まぁ色々あった1年でした。

関西での2人暮らしに始まり、今年は山登りを始めたり(20回近く山に登りました!)、妊娠・結婚と人生がガラリと変わったり。

世の中何が起こるか分からないなぁ〜と思いつつ、でもよく考えると色んなミラクルが起きて結果的に自分の望み通りになった感じもして不思議に思っていたりもします。

20代に入った頃から「結婚して〜、子供もできて〜☆」ということを望んでいたというか、必然的にそうなるものだと思い込んでいましたが、30歳の時あっという間に結婚に失敗し、その後再婚に向けて婚活してみるも6年間彼氏すら出来ず

婚活はもういいや!と思い、とりあえずそういうことは脇に置いておいて自分のやってみたかったこと(一人暮らし)に挑戦してみたらそれが想像以上に楽しくて毎日充実☆

そうしたら長年音沙汰のなかった知人から突然男性を紹介してもらい久々に彼ができたり、転職もできて人生が好転!

その彼とは別れることになりましたが、同じタイミングで関西に住む幼馴染から現在の旦那さんを紹介してもらい、関東から関西にお引っ越し。

この人で良いのかな?と悩んだけど(笑)、妊娠が分かり結婚。

と、なんだか自分でもビックリの展開ですが、40歳を前にして一応望み通りにはなりましたw

ここで思うのが、やはり望みに執着し無理矢理どうにかしようとすると上手くいかず、それを一旦手放して楽しく過ごしていたら色んなことが勝手に動き出して結果的に上手くいった(望みが叶った)ということ。

引き寄せの法則の本にはよくそういう風に書かれていますが、本当にその通りなんだなと思います。

「こうなってほしい!」「こうならなきゃ嫌だ!」という思いを捨てて、「まぁいっか!あはは」と開き直ると案外上手くいったりするんですね。

多分何にでも通ずることなので、そのことを常に忘れないように心に留めておきたいと思います。