押し入れ収納

2人の普段使いの洋服は畳の部屋の押し入れに収納しています。

上の段の向かって右側が旦那さんスペース。

衣装ケースは私が一人暮らしの時から使っていたものです。

冬でもTシャツにパーカーを羽織るだけというアメリカン!?なスタイルなので、旦那さんの洋服はほぼ場所を取りませんw ちなみにズボンは年間を通してチノパン3本のみ。

衣装ケースの手前半分にTシャツや下着を収納すると奥にスペースができるので、山登りのウェアを収納しています。

それから衣装ケースの右側にもスペースがあるので、お風呂用のタオルと洗濯グッズ(ハンガーとか洗濯物ピンチ)もここに置いてます。

スーツもありますが普段はほとんど着ないので、もう一部屋のクローゼットにかけてあります。

下の段は、水着とかが入った入れ物や布団乾燥機、アイロン、山登り用リュックを置く場所にしています。

続いて、左側は私のスペース。

季節ごとに服の入れ替えをしています。季節外の服は天袋へ。

下の段は二人分のエアリーマットレスと掛け布団の収納スペースとして使ってます。

という感じで紹介する程でもなかったですが、お互い持ち物や洋服があまり多くないので管理がしやすく、また洋服ダンス等を買う必要もなく助かっています^^

片付けが苦手な人と暮らす

以前書いた通り、パートナーは片付けや掃除が苦手です。
苦手というか、その必要性を感じていないという感じ。
 
一方、私は片付いていない事が苦手。。。
整理整頓されていないとザワザワしてしまって落ち着きません。
 
なのでその点は100%真逆!
 
そんな2人が一緒に住むわけですから、最初の頃は驚きとイライラの連続でした。
 
例えば、洋服。
 
とりあえず思い立った時に所構わず脱ぎ捨てます。。。
 
 
洗面所に洗濯物入れがあるのになぜそこに入れない!?と不思議でなりませんでしたし、普段物がない場所に急に物が現れたら、私にとっては一大事!ザワザワが止まらないんですw
 
そこで、「洗面所に洗濯物入れがあるから、使用済みの洋服はそこに入れてね❤︎」と優しく伝えてみましたが、特に変化なし。。。笑
 
私にとっては洗濯物を洗濯物入れに入れることは簡単で当たり前のことだし、共同生活するんだからルールは守ってよ!と脱ぎ捨てられた服を見る度にイライラモードに突入していましたが、これを毎日繰り返しているうちにあることにたどり着きました。
 
それは、「人は変えられない」ということ。。。
 
そう、自分しか変えることは出来ないんです!!
 
そんなわけで相手を変えることは諦めて、自分の考え方をチェンジすることに。
 
で、この場合思いつく解決策は2つ↓
 
1. とっ散らかってても気にならない自分になる
2. イライラせずに人の物も片付ける
 
1は私にとってなかなか難しいのですが、邪魔な場所に置かれていなければ出来るだけ放っておくことにしました。(廊下に脱ぎ捨てられてた場合はあまり目につかないからスルーできる!)
 
それでも気になってしまう場合は、2を実行!
 
「私が自分の心地良さのために、これ片付けよ〜!」という感じ。
 
どうせ片付けるならイライラするのは損だから、自分が良い気分になるためにやるぞ!と心の中で宣言するようにしました。
 
そうしたらあら不思議♩
 
イライラすることなく、心地良く過ごせるようになりました(^^)
 
服の他にも、電気付けっ放しとか、ドア&引き出し開けっぱなし(いつも空き巣に荒らされたみたいになってる)とか、お風呂上がった後洗面所が水浸しとか、気になってしまう点はなんだかとにかく色々あるんですがw、今ではいちいち反応しなくなりました。
 
「相手がどうこうは極力考えない!全ては自分のため!」
 
この考え方にたどり着けて、本当に良かったです!