ゆし豆腐(寄せ豆腐)を作ってみる

宮古島で雪塩工場に行った時、「雪塩にはにがり成分が入っているから、豆乳と混ぜれば豆腐ができます!」と教えてもらいレシピをいただきました。
お家でお豆腐が作れたらステキ☆と思ったので、早速作ってみることに!

ちなみに「ゆし豆腐」とは沖縄の言葉で「寄せ豆腐」のことだそうです。

『スプーンで食べるぷるるん雪塩ゆし豆腐』
【材料】
雪塩水・・・雪塩パウダー小さじ1を10ccの水でよく溶かしておく
豆乳・・・150cc。成分無調整、大豆固形分10%以上のもの

豆乳は生協(生活クラブ)で買ってみました。大豆固形分11%で、ちょうど150ccに小分けされてた!

【用意するもの】
鍋、アルミホイル、カップ(金属製など火が通りやすいモノがおすすめ)
※金属製のカップがなかったので、100円ショップのプラスチックボウルで代用

【作り方】
1. カップに豆乳150ccと雪塩水をいれてよくかき混ぜ、アルミホイルでフタをする。
2. 鍋に水を入れ、カップを置く。鍋の水とカップの豆乳の水位を同じにする。
3. 中火にかけて沸騰したら鍋にフタをする。
4. 中火のまま8分間加熱したら出来上がり。

できました!
写真だと、ただ豆乳をプラスチックボウルに注いだだけっぽく見えますが(笑)、ゆるーく固まって、ゆするとぷるぷるします!

これに醤油麹をかけて食べてみたら、とっても美味しかったーー^^
なんだか本物っぽくて贅沢な感じ!

簡単にできるので、豆乳が手に入ったらまた作ろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です