勇気付けられた一冊「タキミカ体操」

本屋さんでたまたま見かけた「タキミカ体操」という本。

運動経験が65歳までゼロの著者が現在90歳でジムのインストラクターをしているというお話しです。

筋肉のついた引き締まった身体に、ベターッと開脚までしている写真が載っていますが、とても90歳には見えません!!

本当に本当にすごい!

私は小さい頃から身体が硬くて、気づいた時には踵を床につけてしゃがむことができなかったし、開脚どころか長座が辛い

社会人になって始めたサルサダンスの教室でも先生や他の生徒さんに「どんだけ硬いの〜!」といじられるほど(^_^;)

身体が硬過ぎて踊っていても出来ない動きとかたくさんあるし、何より猫背で姿勢が悪い。

去年は2回ぎっくり腰になりました(´Д` )

とにかく身体が硬いことがめちゃくちゃコンプレックスで、なんとかしたくて整体やストレッチ教室に通ったり、家でストレッチしたりしてましたがあまり変化がなく、やったりやめたりを繰り返す

で、なんとなく諦めてましたけど、この本には

「何かを始めるのに、遅すぎるなんてこと、決してありません」

「しんどいときは、できなくてもいいんです。ただ、あきらめちゃダメですよ!」

1秒でもいいんです!毎日続けてくださいね!」

と書いてあり、めちゃくちゃ勇気付けられました!

すぐに結果が出ないと諦めがちになりますが、結果は一先ず置いておいて続けることは大事ですね。

著者も70歳で開脚ストレッチに挑戦して3年後に成功したそうなので、根気よく続ければ私にも出来るようになるのかな〜。

めげそうになったらタキミカさんの写真を見て鼓舞しようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。