血流たっぷりで不調改善!

もう1冊、とても参考になった本がこちら↓


血流がすべて解決する

「心身のあらゆる不調は血流が悪いから。しかも血がドロドロなんじゃなくて、そもそも血が作れず不足していて流れていないから」だそうです。

健康診断を受けると必ず「貧血」と出るし、この本に書かれている血不足の時の症状が自分の症状とほぼ同じ。。
なので、私の不調の原因は血不足だったんだなぁ~と深く納得しました。

血が少ないと体の不調だけでなく、気が重かったり、やる気が出なかったり、うつっぽくなったりといった心の不調も出るそうですが、それも当てはまる気がします。

著者の堀江さんは漢方薬剤師さんで、今までに5万件以上のカウンセリングを行ってきたそうですが、婦人科系のトラブルを抱えている人の9割が血不足なんだそうです。みんな血が足りてないんですね。。

でも逆に、血を増やして血流を良くすれば全ては解決できる!と断言されていて、改善方法が色々と分りやすく書いてあります。

その中で私が試しているのは、
・夜11時までに寝る(睡眠が血を増やすのに非常に大事)
・朝食を食べる。そしてパンよりご飯(体温を上げ、体内時計をリセットする)
・夕食断食(胃腸を休ませて元気にする)
・肉を食べる。特に骨付きの鶏肉(野菜よりタンパク質の吸収率が良い)

夕食断食は最初の1週間だけで良いのですが、他の多くの健康本にも「そもそも1日3食は食べ過ぎ」とか、「1日のうち15時間は何も食べない時間を作ると胃腸が元気になる」と書いてあったので、そのまま続けています。
今はもう慣れましたし、夜ご飯を作るのが面倒なので「まぁ、食べなくてもいいか」という感じですが、正直お腹は空くので、いつも「明日の朝ご飯、楽しみだなぁ~☆」と思いながら寝床に入ってます(笑)

それから肉を食べるについて。
これは正直かなり悩みました。というのも、「肉を食べるから不調になる。玄米菜食が良い!」という真逆の考えが書いてある本が多いからです(「食事を正せば、病気、不調知らずのからだになれる」にも書いてありました・・・)。
しかも読めば読むほど、なぜ肉が良くないかが納得できるので余計困惑。。。

でもこちらの血流の本に、魚も肉も食べないマクロビで体調を崩したり血が不足したりしている人が、肉を食べだした途端元気になったという例が載っていて、それも納得できるものだったし、痩せている人にはマクロビは合わない場合が多いと書いてあったので、私もとりあえず肉を食べる方を採用!(ちなみに私は痩せ型です)

ま、肉を食べる期間と食べない期間を作って、どちらの方が体調が良いか試してみるのも良いかもしれませんね。

そんな感じで食事に関しては、現在は「食事を正せば、病気、不調知らずのからだになれる」の内容をベースにしているのですが、それに肉をプラスしています。
これでちょっと様子見ですかね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です