勇気付けられた一冊「タキミカ体操」

本屋さんでたまたま見かけた「タキミカ体操」という本。

運動経験が65歳までゼロの著者が現在90歳でジムのインストラクターをしているというお話しです。

筋肉のついた引き締まった身体に、ベターッと開脚までしている写真が載っていますが、とても90歳には見えません!!

本当に本当にすごい!

私は小さい頃から身体が硬くて、気づいた時には踵を床につけてしゃがむことができなかったし、開脚どころか長座が辛い

社会人になって始めたサルサダンスの教室でも先生や他の生徒さんに「どんだけ硬いの〜!」といじられるほど(^_^;)

身体が硬過ぎて踊っていても出来ない動きとかたくさんあるし、何より猫背で姿勢が悪い。

去年は2回ぎっくり腰になりました(´Д` )

とにかく身体が硬いことがめちゃくちゃコンプレックスで、なんとかしたくて整体やストレッチ教室に通ったり、家でストレッチしたりしてましたがあまり変化がなく、やったりやめたりを繰り返す

で、なんとなく諦めてましたけど、この本には

「何かを始めるのに、遅すぎるなんてこと、決してありません」

「しんどいときは、できなくてもいいんです。ただ、あきらめちゃダメですよ!」

1秒でもいいんです!毎日続けてくださいね!」

と書いてあり、めちゃくちゃ勇気付けられました!

すぐに結果が出ないと諦めがちになりますが、結果は一先ず置いておいて続けることは大事ですね。

著者も70歳で開脚ストレッチに挑戦して3年後に成功したそうなので、根気よく続ければ私にも出来るようになるのかな〜。

めげそうになったらタキミカさんの写真を見て鼓舞しようと思います!

子供のお片付け習慣

娘は現在21ヶ月ですが、なかなかお片付け上手です。

私は整理整頓好き、旦那(ADHD疑い)は片付けられないタイプと真逆の性格なので、果たして娘はどっちに似るんだろうと思っていましたが、どうやら私の方に似たようです(^^)ウレシイ!

一応家の中にある物には収納場所を決めているのですが、娘はそれらを大体覚えているので、欲しい物がある時は勝手に取り出してきますし、片付ける時も完璧には出来ないまでも元にあった位置に戻そうとはしてくれます。

特に教えたわけではないので、上手にお片付け出来た時なんかは本当ビックリ&感動します。

そんな様子を見ていると、子供のお片付け習慣はけっこう環境に左右されそうだな〜と思ったりします。

元々散らかっているお家だったら、物を片付ける場所がない=そもそも片付けの概念をつかむことができないとなりそうですからね。

物の収納場所を決めて親が必ずそこに戻すようにしていれば、子供はそれを真似て勝手に片付けられるようになる気がします。

ただいくら環境が整っていても旦那のようなタイプだと全然無理そうです。。。笑

物は出したら出しっぱなし、ゴミはゴミ箱に捨てられない、服は脱いだら脱ぎっぱなし、物がすぐなくなる&探し出せない、電気つけっぱなし、ドア開けっぱなし、汚れが全く気にならない、etc…etc…

片付けどころか、ゴミ箱が手の届く範囲にあっても、その場にゴミを置いたりするので「なぜだー!!!!」と叫びたくなりますが、なんかもう本当に出来ないみたいです。。笑

2歳児の方がよっぽど出来てるし。。。(-_-;)

とまぁ、そこは攻めてもしょうがないので目をつぶることにしましょう

頭の中を観察する

「思考と気分が現実を創るという引き寄せの法則が働いている」

引き寄せの法則ではこれが全てで、良い気分でいれば良い現実が起きるし、悪い気分でいれば悪い現実が起きてくるのですが、分かっちゃいるけどなかなかできないんですよね…(-_-;)

自分が今何を考えているかを観察してみると、イヤイヤ期真っ只中の娘の何でもイヤイヤ〜な態度が本当嫌!とか、ADHD疑いの旦那の理解不能な行動にイライライライラ

小さなことまでイライラポイントを拾っては、私はこんなに頑張ってるのに!と自分を正当化しようとしている傾向が強いです。

そんな風に考えてる方が居心地が良いのか?と思うぐらい、気がつくと本当にずっとネガティブなことをグルグル考えてます。

前回の「幸せの感度を下げる考え」もやるようにはしていますが、寝る前の落ち着いた時間とかじゃないとゆっくりできないんですよね…(´Д` )

ま、これはこれで続ければ良いとして、日中のネガティブ思考をどうにかしないといけないものです。

出来ることとしては、やはり目の前の出来事に焦点を当てないということでしょうか。

目の前のイライラポイントに焦点を当ててしまいがちですが、自分が今何を考えているか頭の中を観察する癖をつけて、思考をストップする!

そして無になる or ポジティブなことを考える。これを意識して繰り返す。

やっぱりこれしかない!そんな気がします。

自分はどういうことを考えると楽しいのか?をあらかじめ考えておくのも良いかもしれません。

思考をポジティブなことに切り替えようにもとっさに出てこないですからね。

よし!しばらく試してみようと思います(^^)