お弁当はとっても簡単!

お昼のお弁当は朝ごはんを食べ終わった後に用意していますが、いつもだいたい3分ぐらいで完成します。

無印のシンプルなアルミ弁当箱(大)に、作り置きしておいたおかず2カップをポンポーンと入れ、反対側に朝炊いた玄米を入れたら黒ごま塩をふり、だしがらで作った昆布とかつお節の佃煮&朝ごはんの準備で切っておいたぬか漬けをドカッと玄米ご飯の上に乗せたら完成!

ある日のお弁当 その1
ある日のお弁当 その2

おかずは冷凍してあるので、前日の夜にお皿に乗せて冷蔵庫で解凍しています。解凍を忘れると、シリコンカップが凍って固まっているのでお弁当箱に入りません・・・ToT

解凍したおかず。朝ごはん用に2個、お弁当用に2個

ぬか漬けはニオイそうだったのでお弁当に入れるつもりはなかったのですが、一度漬けすぎてしまった時に食べきれなくて、「えーい、お弁当に入れちゃえー!」っと入れてみたら、そんなに臭くないことが分かったのでそれ以来入れています。

で、自分で言うのも何ですが、このお弁当、非常に美味しいです!(笑)
お弁当も朝ごはん同様、というか朝ごはんとも95%一緒で、毎日ほとんど変わり映えがないのですが、全部美味しいので全然飽きません。
特にぬか漬けを入れるようになってからは、おかずが増えて更にパワーアップしたので、毎日お昼の時間が楽しみでしょうがないというw(๑´ڡ`๑)

この他に、玄米を炊くときに一緒に蒸しておいた蒸し卵1個と、食後のデザートにドライいちじく1個も持って行っています。

ドライいちじくはカルディでこちら↓を買っているのですが、これが本当に美味しい~^^ 大きくて柔らかくて甘いんです!そして値段も高いから1日1個限定。


フィグ・ブランシュ

という感じで、お昼のお弁当も美味しくいただいております。毎日幸せ~☆

毎日ぬか漬け!

一人暮らしをしたら、ぬか漬けはぜったい始めようと思っていました。

ぬか漬けには植物性乳酸菌がたくさん含まれていて、腸内環境の改善や便秘解消に効果的だそうで、忘れたころにお通じがやってくる私としては(汗)、「ぜひ試してみたい!」と以前から思っていたのでした。

でもぬか漬けに関する知識が全然なかったので、とりあえず参考本を買う所からスタート!


はじめる、続ける。 ぬか漬けの基本



こちらの本には、ぬか床のつくり方から毎日のお手入れ方法など基本的なことが一通り書いてあります。

正直最初は「早くぬか漬けが食べたい!」と思っていたので、熟成ぬかと保存容器がセットになった市販のスタートキットを買ってしまおうかと思っていたのですが、本を読んでみたら、やっぱりせっかくやるならイチからぬか床を育ててみようという気になったので、ちょっと面倒だなと思いつつ容器や材料を揃えるところから始めてみることに。

まず最初に買ったのが、ぬか漬けの保存容器として大人気の「野田琺瑯 ぬか漬け美人」!


野田琺瑯 ぬか漬け美人 TK-32



シンプルだし、サイズ的にちょうど良いです!人気なのも納得♪

次に、生ぬか↓


京の米職人 (1kg)認証を受けたJAS有機栽培米(3年以上無農薬・無化学肥料栽培)だけを精米した米ぬか 1パック



「無農薬・無化学肥料で栽培された有機米を精米したぬか」です。絶対体に良さそうw

有機米のぬかなので高いかな。。と思いきや、ぬか自体はそんなに高くないです!送料の方が高い。。(笑)

注文したら精米したてのぬかがすぐに届きました。今回初めて生ぬかを触ってみたのですが、ふわっふわで気持ち良かったです!

そして、お塩はこちら↓


最進の塩 300g



天然の塩にこだわってみました!

昆布は両親が利尻・礼文島に旅行に行ったときにお土産でもらった物、唐辛子は有機唐辛子を買ったので、材料的には超健康・最強ぬか床です!

で、これらの材料をよく混ぜ合わせて容器に詰めれば第一ステップ完了。

なのですが、生ぬかは1キロあり、ふわっふわだったのでこの野田琺瑯の容器だけで混ぜ合わせるのはかなり大変でした。ボウルとか鍋とかも使って分けて混ぜれば良かった。。。
絶対に全部入りきらないと思っていたのですが、水を含んだらちゃんと収まったのであら不思議!

第二ステップは「捨て漬け」。毎日朝と晩にかき混ぜながら、大根の葉やキャベツの外葉(普段捨てるような部分)を漬けて熟成させます。

10日~2週間でぬか床から酸っぱい香りがしてきたら「ぬか床完成!」でして、私は12日ぐらいで本漬けに入りました。

それからは朝に、昨日漬けておいた野菜を取り出し、ぬか床をかき混ぜて、次の日食べる野菜を入れて、毎日ぬか漬けを食べるという風になりました。

たまに「混ぜるの面倒だな。。」と思う日もありますが、混ぜないと臭くなるそうなのでそれだけは絶対避けたいと毎日混ぜ混ぜしています。

ぬか床が本当に熟成するには半年ぐらいかかるそうですが、すでに美味しくできています。続けていったらもっと美味しくなるのかな?楽しみです^^

水だしが簡単便利でさらに美味しい~!

私は数年前まで、「だしを取る=粉末だしを入れる」ことだと思っていたのですが(汗)、友達の家でおせち作りをした時に、だしは昆布やかつお節などを使うということを知りまして、それから毎年おせち作りの時は、ちゃんとだしを取っています。

だしをイチから取るとすごく美味しい♪ それは分かっているのですが、ちょっと面倒なのも知ってまして、「年に1回だったからできたけど、例えばそれが毎週だったら難しいな~、やっぱり粉末か。。」と思っていたところ、ステキな本を発見!


「水だし」さえあれば和食はかんたん!―ほっとくだけでできる! 格段に美味しくなる!



昆布とかつお節と水を容器に入れて冷蔵庫で6時間以上おくだけ!超簡単です!
しかも添加物の心配もありません!

水は水道水でもいいと書いてありましたが、せっかくちゃんとした昆布とかつお節を使うので、そこは奮発して毎回ミネラルウォーター(軟水)を使っています。

切った野菜を水だしで火にかけ、「もうそろそろかなぁ~」と蓋を開けた瞬間に立ち込めるだしの香りが本当にいい香り♪ 毎回なんだかホッと癒されます。

そして香りだけでなく、イチからだしを取った時のように美味しいんです☆

本によると約1週間冷蔵保存が可能で(夏場は4~5日)、水がなくなったら保存期間中であれば材料がかぶる程度に1、2回水を足して使えると書いてあったので、同じ昆布とかつお節で週に2回味噌汁を作っています。(味噌汁は1回に3食分作っています)

その他にも水だしで、めんつゆや鍋、タレや合わせ調味料も作れるので、常備しておくととっても便利!

だしを取っただしがらは佃煮にしています。

1週間分のだしがらだとちょっと少ないので、昆布は細長く切ってかつお節と一緒に冷凍し、次の週のだしがらと一緒に醤油とみりんで煮詰めて、佃煮完成!

この佃煮をいつもお弁当のご飯の上に乗せているのですが、これがまぁ美味しい~♪ 以前は市販のごま昆布などを買っていましたが、今はもう買わなくなりました。

一度にたくさん入れてしまうので、一週間ぐらいで食べきっちゃいます。。なので佃煮が入っていないお弁当の日もあるのですが、そんな日はなんだかとっても寂しいToT

そんなわけで、水だしのおかげで美味しいお味噌汁に美味しい佃煮を楽しんでいます^^